個人年金保険について品川区税理士さんに教えていただきたいです

「私たちが年金をもらえる年齢になった時には、年金がもらえなくなる」とよく聞きますが、将来本当にそうなってしまうのでしょうか。

必要な老後資金は3,000万円と言われています。そんな大金、いきなりは用意できませんし、やはり個人でも年金保険に加入するべきでしょうか。 なるべく、お金の心配をしないで済む老後を過ごしたいです。

近年では税理士さんが犯罪を犯す人が増えてきました。それだけ抜け道があるということなんでしょうか。品川区税理士さんに教えていただきたいです。将来老後に不安があるので、民間の個人年金保険に複数加入しています。60歳以降終身もらえるタイプと15年確定ものとあります。将来、支給される年金額がある一定以上だと、税金がかかるということを、なんとなく聞いたことがあります。支給される年金に所得税のようなものがかかるのでしょうか。元々自分のお金を貯めていたものを、将来もらうだけなのに、解せないです。
個人年金で備えていた私とは、ショックです。個人年金は、どれくらいの額までは加入のメリットがあり、ある金額以上なら自分の預貯金や株運用などで、個人で資産としていたほうが、得だたのでしょうか。個人年金の税制上の考え方をぜひ教えていただきたいです。保険はただでさえたくさんの会社があり、たくさんの種類があります、以前ファイナンシャルプランナーの方に相談させていただいたところ、例えば掛け捨ては損ですよとか、人気ナンバーワンといわれる○○保険はやめておいたほうがいいですよと具体的な話がありました、でも更に他のプランナーさんにご相談するとまた違った答えがかえってきます。品川区税理士さんには、またちょこっとした疑問にお答えくださるとうれしいです。

更新 11月27日
品川の税理士 福岡 税理士事務所 831 6/4

Copyright ©All rights reserved.品川区の税理士会計士情報 .